「Canon A4モノクロレーザープリンタ  Satera LBP6240  LBP6240」のご紹介です。省スペース設計ながら、無線LAN(Wi-Fi)に対応しており、本体の設置場所を選ばず、ワイヤレスでの印刷が可能です。


Canon A4モノクロレーザープリンタ  Satera LBP6240  LBP6240
(画像リンク先:コジマネット)

●省スペース設計ながら、無線LAN(Wi-Fi)に対応しており、本体の設置場所を選ばず、ワイヤレスでの印刷が可能

●接続設定方法もWPS/AOSS(※1)/らくらく無線スタート(※2)に対応しており、簡単設定が可能

●新たにモバイルプリント「Canon Mobile Printing」(※3)に対応しており、外出先からでも印刷指示が可能となり利便性が向上

●毎分25枚の印刷速度を実現

●両面印刷機能を標準搭載

●ファーストプリントタイムは6秒、スリープモードから印刷可能状態への復帰は約0.5秒、と高い生産性を実現

●国際エネルギースタープログラムで定められた標準消費電力量(TEC値)において0.7kWhとトップクラス(※4)の環境性能を実現

●国際エネルギースタープログラム新基準(Ver.2.0)に対応

●LIPS LXの技術を活かし、プリンター側のデータ処理を簡素化したページ記述言語「CARPS2」を搭載※1:AOSSは株式会社バッファローの商標です※2:「らくらく無線スタート」はNECアクセステクニカ株式会社の登録商標です※3:iOSは7月下旬、Androidは8月中旬対応予定。
モバイル機器とアクセスポイント間は無線LAN接続が必要です※4:財団法人 省エネルギーセンターがホームページにて公開している2014年度に登録された国際エネルギースタープログラム使用製品との比較において。
2014年4月末時点。
キヤノン調べ