「東芝 【DCモーター搭載】 リモコン付きリビング扇風機 F-DLT1000-W<グランホワイト>」のご紹介です。風量自動調節のセンサーを搭載温度と湿度の変化に反応する「デュアルセンサー」を搭載し、あらかじめ選んだ「標準」、「弱め」、「強め」の3モードの風量幅の範囲で、風量を自動調節します。


東芝 【DCモーター搭載】 リモコン付きリビング扇風機 F-DLT1000-W<グランホワイト>
(画像リンク先:コジマネット)

●風量自動調節のセンサーを搭載温度と湿度の変化に反応する「デュアルセンサー」を搭載し、あらかじめ選んだ「標準」、「弱め」、「強め」の3モードの風量幅の範囲で、風量を自動調節します。
例えば、赤ちゃん、お年寄りには微風と弱風で運転する「弱め」モード、人が多い時には強風から微風まで幅広く変化する「強め」モードなどが選べます。

●部屋全体に風を送る首振り機能左右の首振りは、「固定90度」と、リモコン操作で20-90度の角度を自由に調整できる「首振り角度お好み調節」の2通りがあります。
さらに、左右と上下の組み合わせで部屋全体に風を送る「立体首振り」もできます。
その場合の上向き角度は、最大40度(自動20度+手動20度)、下向き角度は、16度(手動)です。

●おやすみ時に便利な「減光・消灯モード」「LED表示パネル」は夜間におやすみを妨げないよう、「減光・消灯モード」を備えています。

●なめらかな風が広がる7枚羽根+斜流ファン7枚羽根の中心に「斜流ファン」を組み合わせています。
7枚羽根の風のムラを斜流ファンの斜めの風が補って、木目細かくなめらかな風が広がります。

●省電力「DCインバーターモーター」搭載最大消費電力は、16W(風量7、上下、左右首振りあり)、最小消費電力は、2W(風量1、首振りなし、消灯モード)です。

●その他の特長・移動時に便利な「コードリール」・イスに座ってちょうど良い「ハイポジション」・持ち運びに便利な「スライドハンドル」・高原のそよ風のような「ふわり風」・高原に吹く自然の風をデータ化して再現する「ランダム風」・効率よく空気を羽根に誘導する「後ガードリブ」・後ガードと羽根にホコリ防止加工・ルームエアコンのタイマー運転との組み合わせに便利な「切/入ツインタイマー」・操作をロック