「Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM EF-S10-18ISSTM」のご紹介です。APS-Cサイズの撮像素子に適した光学系を採用した小型軽量と高画質を両立するエントリークラス向けの超広角ズームレンズ。


Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM EF-S10-18ISSTM
(画像リンク先:コジマネット)

APS-Cサイズの撮像素子に適した光学系を採用した小型軽量と高画質を両立するエントリークラス向けの超広角ズームレンズ。
2枚の非球面レンズと1枚のUD(特殊低分散ガラス)レンズを配置した新開発の光学系で、特に高精度大口径プラスチックモールド非球面レンズを採用したことにより、小型軽量化と高画質を両立しています。
広い画角を生かした雄大な風景の撮影や、被写体との距離が取れない屋内でのスナップ撮影などにおける撮影領域を更に拡大する、EF-Sレンズ初のIS(手ブレ補正機構)搭載超広角ズームレンズです。

●2枚の非球面レンズの採用により、像面湾曲などの諸収差を良好に補正し、高い描写性能を実現。

●UDレンズの採用により、周辺画質まで色ずれの少ないシャープでクリアな高画質を実現。

●「EF-Sレンズ」シリーズの広角ズームレンズで初めてIS(手ブレ補正機構)を搭載し、シャッター速度換算で4段分(※焦点距離18mm(35mm判換算で29mm相当)、EOS 7D使用時。
CIPA規格に準拠)の手ブレ補正効果を実現。
川の流れや車のライトの光跡など、スローシャッターならではの表現が可能。

●7枚羽根の円形絞りの採用により、美しいボケ味を実現。

●新設計の4群ズームと高精度大口径プラスチックモールド非球面レンズの採用により、小型化を実現。
質量は約240gで気軽に持ち歩ける優れた携帯性を実現。

●現行機種の超広角ズームレンズ「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」と比較し、全長で約20%、質量で約38%もの小型軽量化を達成。