「ケンコー・トキナー Reflex 300mm F6.3 MF MACRO REFLEX300MMF6.3MFMAC」のご紹介です。マイクロフォーサーズ専用のミラーレンズ。


ケンコー・トキナー Reflex 300mm F6.3 MF MACRO REFLEX300MMF6.3MFMAC
(画像リンク先:コジマネット)

マイクロフォーサーズ専用のミラーレンズ。
ミラー部の面精度が高い「オスカー低速研磨」によるニュートン原器と同等の超高精度ミラーを採用。

●高精度ミラーの採用Reflex光学系で重要な事は、ミラー部の面精度です。
「オスカー低速研磨」によるニュートン原器と同等の超高精度ミラーを採用しました。

●アルミ増反射ミラーコーティング(Enhanced Al-Coated Mirror)G4をアルミ反射膜に特殊加工するにあたり高屈折率ガラスをG3とG5に配置。
高性能化との両立を達成しました。

●高屈折率ガラスの採用超コンパクト化を実現するにあたり高屈折率ガラスをG3とG5に配置。
高性能化との両立を達成しました。

●最短撮影距0.8m最短撮影距離0.8mまで寄って撮影可能。
その際マクロ接写倍率は1:2になります。
望遠マクロレンズとしてワーキングディスタンスを取りながらマクロ撮影が可能です。

●ゴースト、フレアー対策レンズ鏡筒内部全面に遮光溝を付けることにより、有害な反射を極力防止しています。

●距離エンコーダー搭載このレンズはマニュアルフォーカスです。
オートフォーカスを採用しなかった理由は、次の2点によります。
・∞から最短撮影距離0.8mまでフォーカス角度が大きい。
・300mm(35mm版換算600mm相当)では4°8’と画角が非常にシビアなピント合わせが要求される。
このため、マニュアル操作の方が確実にピント合わせを行えると考えました。
しかし、本レンズにはAFレンズが内蔵している距離エンコーダーを搭載。
距離情報等のカメラボディとのインターフェース機能は損ないません。
また、撮影データのExif情報もレンズのデータが反映されます。

●機構設計レンズ保持精度や耐衝撃性の確保に関わる部品は全て金属にこだわりました。