「ニコン AF-S DX Nikkor 18-55mm F3.5-5.6G VR II AFSDXVR18-55G2」のご紹介です。日常使いの新定番、沈胴機構を採用。


ニコン AF-S DX Nikkor 18-55mm F3.5-5.6G VR II AFSDXVR18-55G2
(画像リンク先:コジマネット)

日常使いの新定番、沈胴機構を採用。
大幅な小型軽量化を実現したDX 標準ズームレンズ。

●焦点距離18-55mm(27-82.5mm相当※の撮影画角)が、幅広いシーンをカバー。
(※35mm判換算)

●沈胴機構の採用と設計全般を見直して大幅な小型軽量化を実現。

●高い光学性能が、広角域から望遠域まで被写体を高精細に描写。

●シャッタースピード4.0段※の高い手ブレ補正効果が得られるVR機構を搭載。
(※CIPA規格準拠。
ただし、DXフォーマットデジタル一眼レフ使用時。
最も望遠側で測定。)

●マニュアルフォーカス時の最短撮影距離0.25m※により、クローズアップ撮影を手軽に楽しめる。
(※最短撮影距離は、カメラの撮像面(距離基準マーク)から被写体までの距離です。)