「Canon ハイビジョンビデオカメラ iVIS mini X」のご紹介です。自由な撮影スタイルを可能にする基本仕様対角約170度(静止画撮影時、MP4動画撮影時は対角約160度)のワイドアングルレンズを搭載。


Canon ハイビジョンビデオカメラ iVIS mini X
(画像リンク先:コジマネット)

■自由な撮影スタイルを可能にする基本仕様対角約170度(静止画撮影時、MP4動画撮影時は対角約160度)のワイドアングルレンズを搭載し、至近距離からでも幅広く撮影できるとともに、遠近感が強調されたダイナミックな映像表現が可能です。
加えて、多様な撮影アングルに対応するバリアングル液晶モニターと、最大で約60度まで自立する内蔵スタンドの採用により、さまざまな撮影スタイルを楽しむことができます。

■妥協のない高画質とさらなる高音質を実現約1,280万画素の高感度CMOSセンサーと、高性能な映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 4」の連携による「HS SYSTEM」を採用し、高解像感・低ノイズでの映像記録を実現しています。
さらに、新たに搭載した大口径ステレオマイクロホンにより、低音から高音までノイズの少ない臨場感のある音声記録が可能です。
また、非圧縮のリニアPCM記録*に対応し、原音に忠実な音を記録できるほか、オーディオ調整に便利な機能を充実させ、ユーザーの音への高いニーズに応えます。
*AVCHD 24Mbps時のみ対応。

■大容量バッテリーの搭載やWi-Fi対応により撮影用途を拡大約2時間40分※1の連続撮影に対応する大容量バッテリーを採用。
旅行や音楽ライブ、イベントなどさまざまな場面で長時間の撮影が可能です。
さらに、Wi-Fi機能により、SNSなどへ録画映像をアップロードできるだけでなく、インターネット経由で外出先でもスマートフォンなどから映像のライブ視聴※2が可能です。
※1 AVCHD 17Mbps、液晶モニターの明るさをノーマルに設定して撮影した場合。
※2 「App Store」/「Google Play」からダウンロードが可能な無償アプリ「CameraAccess pl